ハザードランプの役割

ハザードランプのハザードとは「危険」という意味であり、本来の役割とし
ては故障などで緊急停車しなければならないような場合に後続車にそれを知
らせたり、故障車などをけん引する際にそれを知らせて注意を促すために使
用するものです。しかし、現在では異なる用途で使用されることが多いです。

まず、混雑した道などで車線変更するために道を譲ってくれた場合に、感謝
を示すために点滅させることがあります。3回程度点滅させることが多いです。
路上駐車を行う際に点滅させる場合もあります。このとき、停車中に点滅さ
せたままにしている人もいますが、停車時には消灯するべきです。左側のラ
ンプが見えない状況では、後続の車からは右のウインカーを点滅させている
ように見え、発進しようとしているようにも見えます。また、発進する際に
はランプを付けたままにしないようにします。発進後すぐに左の車線に入ろ
うとした場合でも、両方のランプが点滅していると後続車は判別できません。

商業施設の駐車場などに駐車する前に、駐車の意思を後続車に示すために点
滅させることもあります。
このような使い方の注意点として、「感謝」と「停止」が正しく伝わらない
ことがあり、これを取り違えて追突することがあります。「感謝」としての
使用は本来の使用方法ではないため、会釈や手で合図する方が良いです。

コメントは受け付けていません。