チャイルドプルーフロック機能を利用して子供を守る運転を

小さな子供を車に乗せる場合、後部座席に乗せることが多いはずです。
チャイルドシートも後部座席にのせる方がより安全ですし、助手席は危
険性が高いので、後部座席に設置するようにしましょう。この後部座席
のドアを内側から開けることが出来ないようにするものを、チャイルド
プルーフロックといいます。
これは、子供が座っている後部座席のドアを外側からは開けることが出
来ますが、内側からはロックがかかり開けることが出来ないようにする
機能です。そのため、子供がどんなに開けようとしても開けることが出
来ないのです。
後部座席に乗せる場合、運転席の後ろにもってくることが多いです。
しかし、この場合、運転席からは後部座席で子供が何をしているのか、
わかりにくいことがあるのです。小さな子供は好奇心旺盛のため、手に
届く範囲のものはあれこれさわりたがります。チャイルドシートのロッ
クも外し、勝手にドアも開けてしまう危険性があるのです。事故の原因
になり、大きな危険に子供をさらすことになります。このような事態か
ら守ってくれるものが、この機能です。
すべての車に装備されてある機能ではありませんが、もしも装備されて
あるのなら、利用するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。