挨拶と合図の必要性

自動車運転をしている時に譲り合いの精神はとても需要となります。
とくに合流部分などでは、お互いに譲り合うことが大切で、合流部分を歯
車に例えれば、譲り合いの精神は円滑に歯車を回転させる潤滑油となります。
この潤滑油を渋滞の合流部分でしっかりと差すには、合図がとても重要と
なります。
側道から本線車道に入り込む際に進入する方向にウインカーを出すことは
言うまでもなく、混雑した高速道路などに進入する際は手を上げることや
会釈をするなどの合図が必要となります。
渋滞時は誰もがストレスを感じており、早くこの渋滞を通過したいと感じ子供09
ている人が多く、割り込むように進入すればその場の空気が悪くなり、割
り込まれたドライバーとのトラブルに発展することも少なからず可能性が
高まるでしょう。
通常、ウインカーを出し、進入の意思を表示すると、パッシングや手での
指示で進入を促しますが、サイドミラーや目視で十分な距離を確認したの
ちに速やかに進入し、本線に進入後、後続車にハザードランプで挨拶をす
ることがエチケットであると考えられます。
パッシングは必ずしも譲る意味でされるとは限らず、近年では進入を阻む
ためにパッシングを行うドライバーも多くなっています。

コメントは受け付けていません。